1位から3位までは読んでます >> 週間人気エッセイ(楽天市場)

2007年09月13日

渡辺淳一さんのこと

実は、鈍感力を読んで初めて渡辺淳一さんという作家を知ったわけですが、他にどんな本があるのかなぁと思っていたら、あの失楽園を書かれた方だったのですね。なるほど、だから中高年世代の恋愛のカリスマなんていわれているのですね。鈍感力の他はまだ読んでいませんが、これから読んでみようかなと思っています。渡辺淳一さんという作家を読まれた方やウエブ上ではどんな風に思われているのでしょう。

渡辺淳一さんに関するブログ・日記

ブログや日記を紹介しています。ぜひご覧ください。

ラヴレターの研究

そして、渡辺淳一先生がもらったラヴレター、書いたラヴレター. 山本五十六のラブレターは(ラヴレターと書いたほうがなんだか深みを感じるなぁ). 前回読んだときにも胸がツンとしたんだけど、. 今回もやっぱりツンとした。 「薔薇はもう咲きましたか。 ...
http://ameblo.jp/fruitjam/entry-10045972933.html

「知より情だよ」 新潮社 1365円

※いよいよ9月開講!第7期原理原則研究会メンバー募集中! 物好きな方は左上の玉ねぎ坊やをクリックしてスケジュール、講義内容等をご確認ください。年間会員制のため募集は今回限り。中島孝志&特別講師(3人)の「ビジネス版すべらない話」! ...
http://www.keymannet.co.jp/i1276

必要な力

ただ今読んでいる本は、渡辺淳一さんの『鈍感力』。整形外科医でもあり執筆家の“渡辺淳一”さん。「鈍感」って言われると、マイナスのイメージだけれども、「鈍感」って人間が楽に生きるためには必要な力。その「鈍感力」をどれだけ持ち合わせているか ...
http://blog.so-net.ne.jp/tessa/2007-06-26

恋愛のカリスマ

日本経済新聞朝刊に連載され好評を博した恋愛ロマン小説『失楽園』や『愛の流刑地』の作家であり、“中高年世代の恋愛のカリスマ”と呼ばれる渡辺淳一氏。本書は自らの医師時代の体験をはじめ、数々の出会いや苦い経験から導き出した“渡辺流賢く生きる ...
http://blog.livedoor.jp/momoyan1107/archives/50919968.html

野際洋子さんと

とかいう 番組みてましたら 野際洋子さんと 北海道旅してた 渡辺淳一氏が. 出演してました。 最近は鈍感力がベストセラーかな^^. 失楽園以来 恋愛小説の大家 のように 言われてる 氏ですが (確かに多いけど・・恋愛もの) ...
http://ameblo.jp/hibiyurayura/entry-10041763346.html

『失楽園』 愛の倒錯2

この文章は渡辺淳一『失楽園』愛の倒錯の続編である。それ故この文章から読み始める人は、前の文章から読んで欲しい。 文壇の寵児、有島武雄と美貌の婦人記者、波多野秋子の心中が、その遺書に『今、歓喜の頂点において、死を迎える』と書かれているよう ...
http://blog.goo.ne.jp/moritake123-2007/e/fcf443662bd1d6e9a4eb6aea816731be

愛の流刑地(上)

愛の流刑地 上 (1) (幻冬舎文庫 わ 7-1)/渡辺 淳一; ¥680; Amazon.co.jp. ただのエロ小説だという批判めいた声もあるようですが、私はそうは思いませんでした。確かに、上巻から下巻の前半に至るまでは、二人の愛の姿がなまめかしく描かれてはいます。 ...
http://ameblo.jp/104hiro/entry-10044833446.html

人気本BEST5

鈍感力 渡辺淳一 最近本屋に行くと、毎回気になっていたもの・・・・ どこの本屋に行っても、店の人気本BEST5!に置いてある本・・・ 「鈍感力 渡辺淳一 」 まず、タイトル・・・・気になる!!意味深!!! 中をさらっと見ると、鈍感であることは才能! ...
http://ailtonsena.jugem.jp/?eid=46

[本]9月3日の新聞掲載【毎日新聞/朝刊】

9月3日の新聞掲載【毎日新聞/朝刊】 ○文化面小泉政権 内山融 中央公論新社 07/4 07022428 光と影(渡辺淳一自選短篇コレクション5) 渡辺淳一 朝日新聞社 06/5 06024114 花埋み 渡辺淳一 新潮社 88/0 89042155 何処へ 渡辺淳一 新潮社 92/12 93000791 ...
http://blog.goo.ne.jp/hikari_library/e/92e60d6a53115d499a2b03822473616e

「愛の流刑地(下) 」読みました。

著者: 渡辺淳一単行本: 334ページ 出版社: 幻冬舎 (2006/05) ご存知、男女の愛とエロスの物語。 55歳の元ベストセラー作家で、妻とは別居しているけれど離婚はしていない男(菊治)と、36歳の幼い三人の子供がいるエリートサラリーマンを夫に持つ人妻(冬香) ...
http://blog.livedoor.jp/ppdwy632/archives/50677172.html

ちんむーさん

渡辺淳一、というと、失楽園など「何だかやらしい小説を書く作家」のイメージを持つ方が多いと思います。が、実は最近、私は彼の考え方に少なからず共感しています。彼がいうところの「男とは、女とは」という根底の部分を知ることで、男女それぞれの行動 ...
http://teabreaks.at.webry.info/200707/article_1.html

雲の階段

渡辺淳一さんといえば、失楽園に代表されるように、恋愛小説の旗手、というイメージが強いと思います。が、医師でもある渡辺さんだからこそ描ける世界。 それが医学小説ですね。(そういう分野があるのかどうかは知りませんけど ) 渡辺さんのそれは ...
http://blog.goo.ne.jp/torati80natuhe/e/10feecf8ebbf5cbf4fa17bacc9e24cb8

9月13日は乃木大将の日

作者は『失楽園』や『愛の流刑地』などで有名なだ。序章のタイトルは「殉死」で、当日の乃木家を描くところから始まる。静かな一日でありながらどことなくいつもとは違う一日。この日は明治天皇御大葬の日であった。夜になるとふたりはみずからの ...
⇒http://ocntoday.blogzine.jp/today/2007/09/913_def0.html

読みました

う〜ん。期待してたほど面白くなかった。敏感な奴よりかは鈍感な奴の方が生き易いとい... 聞いたり、見たりした国内外の面白ニュースやアダルトニキビなどを独自の観点で綴っています。プチ変態です!ヤッホー!
⇒http://www.dearbreezestudio.com/route_1971/2007/09/post_1555.html

さんが得意!

さんが得意なブロガーさんです。 (登録順) ※画像をクリックすればアマゾンで絵本作家を購入できます. ■書籍の海へのKOTOBUKIさんがオススメするさんな1冊!! 【書籍の海へのさんカテゴリ】 花埋み (集英社文庫) ...
⇒http://blog.livedoor.jp/honblo/archives/64713307.html

示して

「 」( )読了。 筆者は「失楽園 」や「愛の流刑地 」の作者。 ストレスなく現代社会を生きるには、「」が必要。という命題を多くの実例で示している。話題づくりのための造語とも思ったが、それなりに売れる理由があるのだなと感じ ...
⇒http://isaou.cocolog-nifty.com/isaou/2007/08/post_1074.html

『(・著)』を読了!!

その意味でも氏の凄さを感じざるを得ない。 一つひとつのエピソード、全てがきちんと整然として『』というテーマで結びつけられているのだから。 その意味では「買って読む本か、どうか疑問である」という声も上がりそうな軽いタッチの本で ...
⇒http://blog.livedoor.jp/will_pwr/archives/50971427.html

2007年9月8日(土)

そこで、氏の言う「」ということになるのでしょうが、これもこれで程度問題ですね。鈍感を通り越して、何を考えているか分からないぐらいにボーっとしていたり、気が利かずに、周囲とのコミュニケーションがとれなかったりすると、これも ...
⇒http://blog.livedoor.jp/koyamaclinic/archives/50661554.html

[lire]

[asin:408781372X:detail] なぜこんな本がベストセラーになってしまうのか…。がっくり。 鈍感という言葉は否定的に使われてるけど、敏感すぎるのも考えようだよ!鈍感なほうが得で楽で、いいよー、というだけの本。たぶん「」が必要な人は別に好き ...
⇒http://d.hatena.ne.jp/pir/20070903/p2

生まれつき

SSNメーリングでも話題になった「」、その時買って読んだ。 確かに何事も前向きに考え、健康上も生きて行く為にも良さそうな事が書いてあった。 って生まれつきでないの?後から身に付くの?なる方法は? その事には触れてなかったように思っ ...
⇒http://oss47.exblog.jp/6401158/

楽に

あと、個人的には値段が新書くらいだったら(新書で発行してくれたら)よかったなあ、と思いました。 話題の本をチェックしてみたい方や、ちょっと気持ちを楽に持ちたい方にはおすすめです。 作者: 渡辺 淳一出版社/メーカー: 集英社発売日: ...
⇒http://blog.so-net.ne.jp/sa-san_blog/2007-06-19-1

【読書感想】

氏の著書「」を読んだ。 氏が「」を執筆した動機を勝手に想像すれば、この世には敏感であり過ぎるが故に損をしている人が多...
⇒http://ch08430.kitaguni.tv/e385735.html

posted by yamarie2299 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。